再発と転移|40代や50代の女性に迫る病魔|更年期障害の症状で他の病気を探る

再発と転移

看護師

「がんの王様」と呼ばれるすい臓がんは転移の可能性が高いだけでなく再発してしまう可能性が非常に高いと言われています。悪性度も高く、局所への再発または位置的に離れた臓器に転移してしまう遠隔転移しやすいというのが厄介な病気です。すい臓のがんに侵されてしまった箇所を切除する切除手術を行なっても再発、転移してしまった場合の治療方法は化学療法や放射線療法などのがんにおける基本的な治療を行なっていきます。すい臓がんが再発してしまう経緯については、がんに侵されてしまった箇所が他の細胞をがん化させてどんどん大きくなることによって再発します。再発してしまった場合は初めに行なった切除による方法はほとんど行いません。化学療法である抗がん剤治療や放射線でがんの進行を食い止めていく方法が取られます。痛みが派生してしまう場合は痛みを緩和するための緩和ケアなども並行して行なわれることが一般的です。すい臓がんは再発などの可能性が高いので再発してしまった際の治療方法なども事前に知っておくことが大切です。

すい臓がんの転移は一般的にすい臓に近い臓器にがんが転移する局所転移と離れた臓器に転移してしまう遠隔転移が存在します。局所転移の場合は比較的治療しやすく、完治する可能性がある場合は外科的手術などで移った臓器のがん細胞部分を切除する場合があります。切除手術を行なってからも完治のために化学療法や放射線療法で完治を目指して治療を行なうのです。遠隔転移の場合は血管やリンパに腫瘍ができているケースのため、全身に張り巡らされている血管またはリンパの流れに乗って体の様々な臓器にがん細胞が運ばれてしまうので、すい臓周辺だけでなく全身のいたるところにがんが発症してしまう可能性があるのです。そのため、遠隔転移してしまった場合は全身にがんが広がっているということを前提で治療を行なっていきます。全身に転移してしまったと考えると化学療法による抗がん剤の投薬を行ないがんがこれ以上発症しないように抑えながら、がんからくる痛みなどを緩和させる緩和ケアなどを同時に行なって体のケアを行なっていきます。

Copyright © 2016 40代や50代の女性に迫る病魔|更年期障害の症状で他の病気を探る All Rights Reserved.